バルトレックスの効果はどれほど?

バルトレックスは抗ウイルス剤です。
単純ヘルペスウイルス(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)および帯状疱疹、小児水疱瘡に効果がある薬です。
ウイルスに感染すると水膨れや発疹が出現し痛み、かゆみを伴います。
腸管に吸収されたバルトレックスは、主として肝臓でアシクロビルに変換されます。
アシクロビルに変換された後ヘルペス細胞などの感染細胞に取り込まれます。
取り込まれたアシクロビルは活性化され、ウイルスの増殖を阻止してくれます。
ウイルスがDNAに取り込まれて複製するのを阻止する力があります。
もしくはウイルスDNAの伸長を停止します。
この働きによって帯状疱疹やヘルペスは治癒します。
またバルトレックスの帯状疱疹に関する治療成績は、投与後3日までに大方の発疹が生産されなくなっていると報告されています。
この点では他の治療薬ゾビラックスとは大差がないのですが全体的な推移に違いが表れています。
他の治療薬のゾビラックスにくらべて発疹の抑制力が強いというデータが報告されています。
また口の周囲や性器部に赤いただれができるヘルペスの増殖を防ぎ、治療や再発防止にすぐれた効果を発揮するのです。
副作用に関してもおおよそ100人中、異常を感じた人が10件ありますが、他の治療薬と比べて特段多いというわけではなく、むしろ少ないといわれています。
また投与中止によって異常な症状は消失しています。
もし副作用を警戒するのであれば、服薬時に水を多く飲むとさらに副作用に軽減を抑えることができます。
またゾビラックスに比べて吸収率が良いので、高い効果が期待できるといわれています。
バルトレックスは先発のゾビラックスをさらに改良し、飲む回数を減らしても効果を発揮するように作られています。
このような薬を「プロドラッグ」と呼んでいます。
「プロドラッグ」は薬に特殊な膜が張ってあって、患部に薬が届いたらその膜が外れるような仕組みになっている薬のことです。
そのため成分がしっかりと体内に吸収されるような仕組みになっているのです。
ヘルペス症状が出始めの軽いうちに服用すると治療効果が高まるとされています。
効き目の表れ方は個人差があります。
すぐに効いたと実感する人もいれば数日かかる人もいます。
もし一週間程度の服用で改善を実感できない場合は医師に相談することをおすすめします。
ヘルペスウイルスは神経に潜むのできちんと医師の指示通りに飲まないと再発をしてしまうことがあります。
指示通りの日数をきちんと飲んで再発防止に努めるようにする必要があります。

性病の薬をネットで注文

ページトップへ