バルトレックスと生理痛の薬の併用とクローン病の改善

バルトレックスは、ヘルペスに感染した際に最も頻繁に使用される抗ウイルス剤の一つです。この医薬品はウイルス感染において、活性化するウイルスの増殖を遺伝子レベルで阻害し、感染した際の症状を弱めます。この効果から、ヘルペスのウイルスの増殖を抑える効果があり、典型的な症状の疱疹を抑えるために用いられています。
この薬を服用する際に注意すべきポイントとしては、併用が禁忌となっている医薬品です。幾つかの医薬品のでも、気管支炎で処方される医薬品の成分には、禁忌となっている成分が幾つかあり、生理痛を抑える薬の中にも含まれている可能性がある為、注意が必要とされます。また、生理通の薬でも風邪の症状で服用するような医薬品には相乗効果がでてしまう成分は含まれていない事が多い為、安全性に配慮して服用する事が可能です。そのため、生理痛のときでも、一般に市販されている頭痛薬の場合は利用できるケースが多くなります。
バルトレックスの服用で心配となるポイントにクローン病などの持病を持つ患者のケースがあります。クローン病の症状にバルトレックスが効果的であることは、医学的に立証されていませんが、クローン病に伴い発症する眩暈の症状や耳鳴り、疱疹の改善にバルトレックスが処方されるケースも見られます。この場合は重篤な副作用は報告されていませんが、クローン病で処方される医薬品との併用で想定外の作用がでてしまう可能性もある為、予め現在服用している医薬品との相性をドクターに相談しておく事も求められます。
クローン病は若い年齢層に発症する病気であり、炎症性の潰瘍などが出来る事も多くなります。しかし、バルトレックスは根治的な治療を目的とした医薬品はない為、一時的な症状改善に用いられることを理解しておく事が大切です。

ページトップへ