バルトレックス服用の際の副作用

バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を主成分としている医薬品です。主に、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水疱瘡の治療薬として処方される薬です。ヘルペスウィルスに感染した細胞内で活性化し、ウィルスのDNA鎖の伸長を停止させることによって、ヘルペスウィルスの増殖を抑制する作用を示します。
バルトレックスは比較的副作用の少ない薬ではありますが、全く副作用がないというわけではありません。主な副作用としては、下痢や吐き気などの消化器系の症状、発信などの皮膚に現れる症状、めまいや頭痛などがあげられます。
ただし、服用する分量が多過ぎる場合には、意識障害や精神の変調を起こしやすくなるため注意が必要です。また、バルトレックスの排出には腎臓の機能が正常である必要がありますので、持病などによって腎臓の働きが低下している場合や、高齢の人などは十分注意して服用しなければいけません。
滅多に起きることはありませんが、重い副作用としては次のような症状が挙げられます。
尿の濁りやむくみ、血尿などの「急性腎不全」、妄想やけいれんなどの「精神神経症状」、じんま疹などの「アナフィラキシー様症状」、皮下出血や口内炎などの「血液成分の異常」、空咳や息苦しさなどの「間質性肺炎」です。
いずれかの副作用の初期症状が確認できた場合には、すぐに受診するか医師と連絡を取るようにしなければいけません。
また、薬の飲み合わせによっては、副作用の発生確率が上昇します。普段服用している薬がある場合には、医師に伝えるようにしましょう。特に、痛風の薬であるプロベネシド、胃の薬のシメチジン、免疫抑制薬のモフェチル、喘息の薬のテオフィリンなどとの併用は危険だとされています。

ページトップへ